会社情報

その他 細部へのこだわり 全ての人が使いやすい商品を目指して

エンボス加工を施したパッケージやキャップのローレット加工等、使いやすい商品づくりへの取り組みをご紹介します。

POINT1 エンボス加工

シャンプーのポンプとつめかえパウチにエンボス加工をし、
コンディショナーとの違いが指先で認識できるようにしました。
ボディソープにもエンボス加工を施しています。

【視覚識別対応パッケージ】パッケージ裏面に英語でBODYと入れました。(JIS-50022-3) パッケージ側面に視覚識別表示のラインを入れました。
該当商品を表示
POINT2 使いやすく便利な容器

どなたでも使いやすいように工夫をしました。

CLOSEUP

ワンタッチキャップ

ワンタッチで開けやすいキャップを採用しました。

CLOSEUP

ミシン目入りシュリンク

簡単に開けやすいミシン目が入ったシュリンクを採用しました。

該当商品を表示